推進員による温室効果ガス排出実態調査について
2013/12/05
 掲題の調査の為に先般実施しました3つのアンケートに、推進員の皆様159名中回答期限の11/25までに46名から回答を頂きました。
 その中から「省エネナビによる計測・分析へのご協力のお願い」についてご報告させて頂きます。

 今回のアンケートは、推進員の皆様に省エネナビを使って単に計測・分析をして貰うに留まらず、「省エネナビを使った家庭エコ化事業」(仮題)を行う「布石」として事務局と一緒に「一般家庭が楽しく、分かりやすく、取り組みやすいシステム」を一緒に作っていって頂くために5名の方にご協力を仰ぐ趣旨で行ったものでした。

 従いまして、上記の趣旨を達成する為に、アンケートにご回答いただいた皆様のうち「協力できる」「条件付きで協力できる」という方の中から以下の要件に合致する方々に対して「省エネナビによる計測・分析」の依頼をださせて頂きました。

 1. 一人暮らしではない方
 2. 事務局とのやり取りが土日も比較的可能である方
 3. 分電盤へのセンサ取付をご自身でやる意欲のある方

 その中から、「一般家庭が楽しく、分かりやすく、取り組みやすいシステム」を作っていくためにご協力頂く作業であるという趣旨をご理解下さいました5名の方にご協力頂くことになりました。

 省エネナビによる計測・分析は以下の条件で行います。
 ・計測期間 平成25年12月上旬〜平成26年2月上旬(約2か月間)
 ・使用機器 省エネナビ(CK-5及び個別電力センサ)
 ・「推進員として一般家庭の省エネ化を進めることを想定」し、各推進員の自由な切り口で「気づき」を随時提案してもらう。
 ・2月に報告書としてまとめる。

 「協力できる」「条件付きで協力できる」と折角のお申し出を頂きながら、返答しないまま上記の様に決しました点についてお詫びすると同時に、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


「いしかわ環境フェア2013」の会場でうちエコ診断を実施しました
2013/10/23
 ブース内で、当日は4名のうちエコ診断を実施しました。
 事前に申し込みをいただいた方は、専用ソフトを使った診断画面をそれぞれ興味深く、ご覧になって、冷蔵庫などの家電の買い換えによる二酸化炭素削減効果の大きさに驚いたりシャワーの使用を1分短縮するだけでも二酸化炭素の削減につながるなど、真剣に診断員の説明にうなづかれていました。
 家族団らんなどでもできる温暖化対策、グリーンカーテンや自然エネルギーの活用などライフスタイルにあった提案を是非実行しますと嬉しい言葉をいただくことができました。

「いしかわ環境フェア2013」に出展
2013/10/23
「いしかわ環境フェア2013」が平成25年8月24〜25日、石川県産業展示館
4号館で開催され、会場内に「石川県地球温暖化防止活動推進センター」のブースも
出展いたしました。
 当日のブースでは、地球温暖化防止活動推進員が中心となって、パネル展示、温暖化防止啓発活動、アンケート、クイズ及び省エネ・節電アクションプラン(家庭版環境ISO)の取り組みなども紹介しました。
 来場された親子連れが手回し発電器や持てるかなエネルギーのカバン、うちエコキッズのソフトを使って「ペンギンを救え!!」などのシミュレーションで楽しく節電や、省エネの大切さを実感していたようでした。
 相談コーナーでも、家電の買い換えなど、推進員がデータを示しながら対応するなどの風景が見られました。また、省エネ製品買い換えナビゲーションのキャラクター
「しんきゅうさん」が来場者をお出迎えし、家族連れが足を止め握手ぜめとなりました。

基盤形成事業がスタートします
2013/10/16
 基盤形成事業とは、我が国の社会経済活動、とりわけ近年温室効果ガス排出量が1990年比で約50%増加している民生部門の排出の抑制等を促進するため、地域センターが実施する、地域における日常生活に関する温室効果ガスの排出の実態について、推進員も活用した調査、情報収集・提供・普及啓発・広報活動、地域の関係主体との効果的な連携、連絡調整等の事業の一層の円滑化と促進を図り、地域における活動の基盤を形成し、低炭素社会の構築を目指すという事業です。
 地球温暖化防止活動推進員のうち、まず「家庭エコ診断」を通じて受診者の家庭における改善案を提案してきた推進員(診断員)が中心となって「家庭エコ診断」の情報を分析し、石川県における効果的な温暖化防止対策をまとめ、それを推進員の皆さんと共有して地球温暖化防止活動に役立てます。
 地球温暖化防止活動で得た知見をもとに、石川県地域における効果的かつ持続的な温暖化防止活動につなげていきます。

石川県内の地球温暖化防止活動推進員は、160名です。
2013/10/15
 石川県では、地域における地球温暖化防止対策を推進するため、県民の人たちに地球温暖化防止活動推進員(以下「推進員」)を委嘱しています。推進員は、平成25年5月現在160名です。
推進員とは、あなたの町や地域で「地球温暖化に関する問題や対策」を皆さんと一緒に考え、皆さんにアドバイスする方々です。
 地球温暖化ってどういうこと?地球温暖化は私たちの身近にはどんな影響があるの?地球温暖化を防止するにはどうすればいいの?・・・、などの色々な疑問にお答えします。
県民の皆さんが、地球温暖化対策について相談したいときや地域の皆さんと研修会や勉強会などを開催するときには、講師や助言者としてご活用ください。
なお、推進員への各種依頼は、推進員登録簿に記載の連絡先又は石川県地球温暖化防止活動推進センター(金沢市鞍月2-1 いしかわエコハウス内「県民エコステーション」TEL:076-266-0881)、石川県地球温暖化対策室(TEL:076-225-1462)まで。


委嘱式に続いて推進員に対する地球温暖化防止活動推進員研修会を開催しました
2013/10/15
※平成25年度第1回目の推進員研修会の風景

 平成25年5月17日、石川県庁で推進員委嘱状の交付式が行われた後、新しく委嘱をうけた地球温暖化防止活動推進員も交えて環境カウンセラーの東浩一さんによる“私の地球温暖化防止活動「うちエコのすすめ」”と題し、2011年度における我が国の温暖化効果ガスの排出量についての解説、および「うちエコ」の方法として節電・グリーンカーテン・ダンボールコンポストを推進する意味、今年度からスタートする「地域での地球温暖化防止活動基盤形成事業」について解説されました。

83名の地球温暖化防止活動推進員委嘱式
2013/10/15
※代表して抱負を述べる里見さん

 平成25年5月17日、石川県庁で推進員委嘱状の交付式がありました。
 式では、委嘱者を代表して、里見実さんに委嘱状が交付されました。谷本正憲知事は「日々の細かな取り組みを重ねて温暖化防止につなげてほしい」と期待を込めて述べられました。
 これに応じて里見さんは地球温暖化防止活動への抱負として「地球温暖化防止は、ひとつ一つの地道な活動の積み重ねが大事である。“トキが羽ばたく”自然環境で住みよい暮らしができるよう推進員の皆さんと力を合わせて地球温暖化防止活動を推進していきたいと思います。」と抱負を述べました。
 今回の委嘱で、石川県の推進員は、任期中の方も含め、160名になりました。また、県内全市町に推進員が所在することになりました。


82名の地球温暖化防止活動推進員が誕生しました。
2007/02/24
 平成19年2月19日、石川県庁で推進員委嘱状の交付式がありました。
 式では、委嘱者を代表して、石野和幸さんに委嘱状が交付されました。引き続き、山本美津子さんが、地球温暖化防止活動への抱負を発表されました。
交付式では、石川県の安田環境安全部長から、今年の暖冬の話題や石川県の二酸化炭素排出削減量の目標値達成にとって、家庭や事務所での省エネ活動が大切。
皆様方地球温暖化防止推進員に期待していると共に一緒に活動していきたいとのあいさつがあった。
 今回の委嘱で、石川県の推進員は、任期中の方も含め、103名から136名になりました。また、県内全市町に推進員が所在することになりました。
※画像1:代表して抱負を述べる山本さん
※画像2:推進員の紹介

地球がピーンチ小学生向け「地球温暖化防止ポスター」を配布しました
2007/01/20
石川県地球温暖化防止活動推進員の皆さんが、地元の小学校へ地球温暖化防止啓発ポスターを配布しました。
県内の40の小学校へ、環境教育材料として掲示をお願いしました。小学校ではさっそく教室のボードや窓に張り出し、子ども達は興味深くポスターを見ました。

県民環境講座を開催しました
2007/01/19
☆☆石川県地球温暖化防止活動推進員をめざそう☆☆
平成18年度県民環境講座を開催しました。

10月から12月にかけて、地球温暖化防止活動推進員を養成する県民環境講座を開催しました。
開催内容は、金沢市と七尾市でそれぞれ4講座づつ座学形式で行う基礎コースと、2講座の体験学習型と2講座の視察型のプログラムを組み合わせた個別コースです。
講座の参加者は、基礎コースに金沢市と七尾市をあわせ延べ226人、また個別コースに延べ96人と大勢の方が参加されました。
基礎コースでは、「地球温暖化防止のシナリオと市民の役割」をメインテーマに@全国規模のNPO団体からの温暖化防止の現状と活動の展開、A加賀野菜を中心とした地元野菜の地産地消や食育のすすめ、B地元企業の環境への取り組み、C家庭でできるリサイクル活動を学びました。
また、個別コースでは、推進員活動にすぐに役立つツールとして、広報資料の作り方や家庭での待機電力の計り方を実習しました。
さらに、地域の地球温暖化防止の取り組みを視察・体感するバス見学会を行いました。
いしかわ環境パートナーシップ県民会議では、直近の2年間で、基礎コース4講座以上と個別コース1講座以上を受けられた方を石川県地球温暖化防止活動推進員委嘱候補者として、石川県知事に推薦しています。
平成19年度も9月以降に開催予定としています。多くの参加を期待します。

前ページTOPページ次ページ