11月26日(木)、27日(金)2日間の日程で中部ブロック推進員合同研修会を開催しました。

・日時:2020年11月26日(木)、2020年11月27日(金)
・場所:石川県政記念しいのき迎賓館、金沢城・兼六園


テーマは、「自然との共生 ~大名庭園と気象キャスター、里山に学ぶ~」です。

人と自然のかかわり方について理解を深め、地球温暖化の時代において環境と共生していくことを考えようというものです。
コロナ禍での開催となるため感染防止対策を講じ、参加者も各県あたり3名とし、中部7県1市24名の定員でした。
更に、石川県センターでは、初めての試みのZOOM会義システムを活用したオンラインセミナーも同時配信し、各県推進員、事務局24名が受講しました。

<参加者より>

  • コロナ禍でのチャレンジとして十分な一歩であったと思います。
  • 講習会場、そして外と2つの現場があり、難易度はかなり高いと思います。会場とオンラインのハイブリッドというのも難易度を高くしていると思います。今、まだ技術が世間一般的にもこなれていない中、高いチャレンジ精神と思います。
  • 今回のチャレンジは来年度へバトンを渡すために必要な努力と思います。
  • 金沢城~兼六園は興味深く拝見させていただきました。音声もよく聞き取れました。
  • 今後、当センターにおいて開催する研修会の参考となりました。
  • 金沢の文化を知りその土地の地域資源や文化財を紹介した今回のセミナーから、地域の特色を活かした活動も温暖化防止対策に必要であると感じた。
  • 金沢での体験学習はいままでの研修とは一味違った体験ができてよかった
  • 正しい情報を入手し、正しい知識の基で「事前準備」が必要であることを再認識できました。
  • 気候を変えるのは難しいが、行動を変えるのは簡単」と伺って、行動が全く伴っていなかったことに気づきました。
  • 「お天気に強くなる」事で温暖化防止に対しての正しい知識を身に着けて行きたいと思っています。
  • リモート参加している私も、現場を見ながら森永様の説明をお聞きするので、その場にいるような臨場感がありとても楽しく受講できました。
  • 金沢で生まれ育った私のよく知っているはずの金沢城や兼六園が、まだまだ知らないことがたっぷりある場所だと認識出来ました。何だか金沢の秘密を知ったような気持ちでワクワクしました。
  • 今回の受講で、金沢城や兼六園が長い歴史の中で、色々な出来事を経て現在に至ったことを知りました。
  • 推進センター事務局の皆様に、心より感謝いたします。
  • 今後も引き続き楽しい講演のご提供を、よろしくお願いいたします。