県民会議のイベント(土曜環境サロン、エコクッキングなど)の開催報告、当日の様子をレポート。

そばの海苔巻き

「エコクッキング講座」開催しました。

  • 日時:平成29年10月28日(土)
  • 場所:小間生生活改善センター(鳳珠郡能登町字小間生タ部13番地1)
  • 講師:大路 清子(石川県エコクッキングアドバイザー)

エコクッキングとは・・。

ゴミを出さないようにするだけでなく、食材の選び方と買い物から調理方法、
後片付けまで、環境への負担を少なくする事を、実践しながら学びました。

いよいよ調理開始です。学んだエコポイントに気をつけながら実習しましょう!

エコクッキングを実習してみて、気付いたこと、今後出来ることなどを和気あいあいと語り合いながら、試食です。普段何気なく過ごしいる家庭での食生活。ちょっとした考えの切替や、工夫のエコポイントが盛り沢山でした。今回の実習をきっかけとして、皆様の家庭のキッチンや食卓が、楽しいエコライフスタートの場となります事を願っております。皆様、大変お疲れ様でした。

<参加者の感想>

  • 普段、捨ててしまっているゆで汁を利用して、おいしいスープが出来、野菜の皮をむかずに天ぷら。エコは少しの思いで、どれだけでもできるものと再認識しました。
  • ゆで汁等も大切に使い、自然の恵みを十分いただく。しかも、あまり手間もかからないことが嬉しいことです。
  • そばののり巻きを初めて食べました。束を糸でしばってゆでる事。しばった部分をスープの具にするのも、エコですね。
  • 皮やキャベツの軸など、むだなく使い良かったです。
  • 野菜の皮を使っての料理、これから実施します。
  • そばや豚肉のゆで汁を使用するのにおどろきました。グッドアイデア!!
  • ふだん捨てている煮汁を利用することや皮付きで食べることを努力しようと思いまし た。お買い物からエコを考えたいと思いました。
  • 料理をする時に、少し意識するだけで、エコになると思いました。
  • これからも、この企画是非続けて下さいますようお願いします。
  • できる事からエコについて、環境について実践していきたいと思いました。

「この夏はソーラークッキングに挑戦!inエコハウス」開催しました!!

  • 日時:平成29年8月5日(土)快晴
  • 話題提供: 中村 早苗(石川県地球温暖化防止活動推進員・環境カウンセラー)

「Myソーラークッカー」作り&太陽光でクッキング実習

災害時やアウトドアにも活用が期待される、自分だけの「ソーラークッカー」を、身近な材料で作成しました。

作成した「Myソーラークッカー」や大型ソーラークッカーを使い、太陽光での調理体験にも挑戦しました。

皆でソーラークッキングについて話しながら試食。話が尽きません。ご飯ほくほく、チーズはとろっとろに仕上がりました。皆さん大満足のようでした。「Myソーラークッカー」では、ゆで卵やミートローフ、かぼちゃの煮つけなど、まだまだ色々と作れるそうです。今回は盛沢山の内容でした。参加者の皆さま大変お疲れ様でした。
是非、お家でも「Myソーラークッカー」で、様々なお料理に挑戦してみて下さいね!!

<参加者より>

  • 地球温暖化の影響の大きさにビックリしました。2100年に人が生きているのだろうかと思い ました。人が生きていくのも大変だけど、動物や植物はそれこそ何もしていないのに被害者 だと思います。でもここまで暑くなるとエアコンも使わずにいられなくなっています。みんなが自分のことだけでなく周りの人のことを考えられる様になれたらと思います。ソーラークッカは、いざというときも大活躍しそうてです。
  • とても楽しく地球温暖化について学ぶ事ができました。制作したソーラークッカーでもチーズ もトロリととけていてびっくり。この暑さ 閉口していましたがソーラークッキングにはピッタリ。 早速、作ってみたいです。
  • ソーラー料理をさせてもらって大変勉強させてもらいました。 帰ったらまだ体験の出来る時 間なので、肉と野菜を使った料理をしてみようと思いました。
  • 太陽の光線で料理できるすばらしさはいろんな方々に知らせてあげたい。エコハウスのある ことすら知らない人も多いなかでエコステーション頑張ってください。みんなに呼びかけてみ たいです。何回も行ったら良い。地球温暖化の話しわかりやすいので良い。
  • 地球温暖化対策をしていかなければと思いました。 少しでも地球に やさしく?私自身の知 識も増えたとても良い講座でした。ソーラークッカーも工作から楽しく出来、まさかこれで色々 な物(料理)が作れるとは思っても いませんでした。家に帰ってさっそく作ってみます。また エコステさんのいろいろんイベントに 参加したいと思いました。
  • 暑い暑いと嫌ってるる太陽の光で、ステキな料理を作ることを学べてとってもいい勉強になり ました。災害で水やガスが使えなくても ダンボールとアルミがあれば調理台に早変わり! 暑くて料理する気も失せているのに色んな料理を使ってみたいとやる気が出ました(笑)
  • 大変良かった。 日常でも災害時でも大切なこと。
  • 変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
  • 本当に料理ができて感動しました。
  • ソーラークッカーを子供と手作りして楽しい時間を過ごせました。地球温暖化の問題は見の がせない所まで来ているのがわかりました。 世界中で考えなければいけない事だけど自分 も生活の中で心の中にとめておかないといけないと感じました。
  • まず美味しい講座に感謝です。改めて太陽熱(光)利用を考えました。
  • 地球温暖化は一人一人が気をつけて実行しなければ絶対できない事です。今日のソーラー クッキングは大変勉強になりました。太陽熱がこんなに強いのかと驚きです。折角習ったの だからぜひ家でいろいろチャレンジしたいと思います。又、知人にも教えて一人でも多くの人 で実行したいと思います。
  • ダンボールで作れて、これからの防災に役立つことだと思います。環境について子どもたち と考える機会をもうけてみたいと思います。
  • 参加させていただきとても得した思いです。エコは日常生活でも取り組もんでいて、一人で悦 に入っています。
  • エコクッカーの制作に参加して簡単に作れて手軽な上に便利ですね。毎日利用するのは?ですが、非常時には大変役立つ一品だと思います。
  • よい機会をもらってとても楽しかったです。経験を皆に広めたいと思います。炊き込みごはんまでできるとは~と驚きました。家でも色々作ってみたいです。
土作り

みんなでグリーンカーテン作りinエコハウス」開催しました!!

  • 日時:平成29年5月13日(土)残念ながら曇り・・。
  • 話題提供: 森永 寿久(夕日寺健民自然園 園長)

我が家の庭(身の回りの緑化活動)から初めてみよう!

グリーン・エコライフの出発点は、「内」と「外」のつながり空間でもある我が家の庭(身の回りの緑化活動)から初めてみよう!

石川県夕日寺健民自然園の森永寿久園長(造園家)より、日本の夏(高温多湿)を快適に過ごす「家」「庭」の昔ながらの工夫(簾、簀戸、庇、水打ち等)と、現代の工夫(グリーンカーテン、屋上庭園、芝棟、生垣化 等)のお話しをしていただきました。

環境調節と機能分担の究極の庭づくり「農家の庭」「屋敷林」に学び、地域の原風景となる庭づくりは、自分の好きに美しく整然と作るのが楽しい。色んなことが出来る人になろう。生きる愉しみ。愉快に生きる!「目指せ百姓!」で締めくくられました。

『土いじり・庭木いじり専科(せんか)ぁ。』と、ユーモアたっぷりの楽しいお話しを聞いた後、参加者全員で緑のカーテンの土作りから種植え、ネット張り、水やりまで、グリーンカーテン作りに挑戦しました。

<参加者より>

  • 森永園長の話が大変参考になりました。このグリーンカーテンがきっかけで県全体、世界全体へと縁の波が伝わってほしいです。
  • 本日は初めての参加で大変楽しく勉強になりました。風の流れとかその環境により植木等も変わるとの事。次回も参加します。
  • 楽しく過ごさせて頂きました。ガーデニングの意味、土作り種苗勉強になりました。百姓の話もよかったです。
  • 子供達といっしよに楽しくエコな庭づくりをして行きたいと思いました。子供達も土をさわれてとても楽しそうでした。ありがとうございました。
  • 庭作りのことで参考になりました。若い頃は、木の剪定や草取りなど嫌いでした。何故、ぼろ庭を作ったのかと思いましたが、今は庭に出て草木をながめていると心が癒されます。今日は本当にありがとうございました。
  • 楽しくお話しをしていただき、良い時間を過ごせました。肥料、土の合わせ方、種の発芽をすること。摘心は大事な仕事。最後まで成長を楽しみたいです。
  • とても楽しくやってみようかと思えるお話や、やり方を学べありがとうございました。まずはやってみて 心の癒しを味わってみたいと思います。
  • 講師の先生の話しは、解りやすく、子供さんが喜んでいるのが良かった。つるのしん止めの話しが勉強になった。植物には、楽しみがあるので、再度同様な講座 を開催してほしい。
  • 身近に自然わ感じる事の出来るグリーンカーテン講習。参加し、まだまだ知らない事の多さを実感し有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。
藁のリース

「わら細工体験『粋なリース』作り」開催いたしました。

  • 日時:平成29年2月25日(土)
  • 場所: いしかわエコハウス(県民エコステーション)
  • 話題提供: 和波波Quintet   越田  秀俊(里山マイスター) 、 越田 奈央子(いしかわ自然学校インストラクター)

「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんが羽咋に来られたのをきっかけに地域活性施策で、羽咋市で農業を始めた夫婦の理想と現実のぶっちゃけトーク。「へぇー」なお話が盛りだくさんでした。今回は、わらで「おしゃれで粋なリース」を作りました。

化学肥料、農薬、動物性有機肥料・堆肥を一切使わないという、自然栽培農家一年生の越田さん夫婦のお話を聞きました。

初めての農業。何もかもが新鮮で、驚きとアクシデントの中でのリアルな自然栽培農家のお話し。それでも前向きに楽しんで挑戦するご夫婦の姿がとても印象的でした。所々でクイズが出題され、参加された方達も興味津々の様子。

たくさんの質問が出ました。

<参加者より>

  • 何もわからないまま自然農法の話を聞いたが、わかりやすく、クイズでも知らないことを興味深く聞くことができた。わらリース、楽しくて子どももあっという間に作ることができました!ありがとうございました。ご夫婦の仲のよさが伝わり、とても素敵でした!
  • 楽しかった。若い農家の人のご苦労がわかり、もっと若い後継者が増えれば良いと思いました。又、参加したいです。田の持っている地力がわかりました。
  • 以前から大変興味がある自然栽培の話をとてもていねいに楽しく聞けて嬉しかった。リースもとてもうまくいった。チャンスがあればまた作ってみたい。
  • わらというなつかしい物にさわらせていただきありがとうございました。手の油がだいぶとられた様な気がします。もう少し時間が欲しい位でした。
  • 若い人の農業への前向きさが伝わって、うれしく思いました。頑張ってほしいです。わらにふれることができて、よかったです。

「エコクッキングでXmas!」開催いたしました。

  • 日時:平成28年12月6日(火)
  • 場所: 金沢中央市場食育会館6F スタジオDO(金沢市西念4丁目8番1号)
  • 講師: 青海 万里子(石川県地球温暖化防止活動推進員)

エコ食育のすすめ「キッチンは環境問題の交差点」買い物・調理・後片付けを通して、水・ごみ・CO2を減らすポイント等の大変興味深いお話しがありました。

試食をしながらキッチンや食卓からのエコについて考えました。
皆様、大変お疲れ様でした。是非これからも楽しみながらのエコライフ続けて下さいね!

<参加者の感想>

  • ゴミの少なさに驚いた。
  • 冷蔵庫に残っている野菜やブロッコリーの芯などをポタージュに利用できること。すごい!!
  • 保温調理器の保温時間と温度が思ったより高く長く、使ってみたいと思いました。
  • 今日の料理はクリスマスに作ろうと思います。
  • 段ボールコンポストに挑戦したい。
  • ボロッシュを家庭でもしてみようと思います。
  • じゃがいもの皮も、ゆでてからむくとゴミが減ると知りました。野菜のスープは作ってみたいです。
  • 友達から教えてもらいボロッシュを利用しています。こんなふうに、人から人へとエコが進んでいけばいいと思います。